院長プロフィール


院長:高井康友
院長 高井康友

どうして私が整体師になったのか?
これまでの経歴をたどりながら紹介させていただきます。
しばしの間どうぞお付き合いください。

実は私、昔からずっと整体師をやっていたワケではありません。
学校を卒業してからの20代は、さまざまな仕事を転々としてきました。

ビデオレンタル店のスタッフ、販促スタッフ、中古車販売の社員・・・。

今思うとその当時は、一生できる「何か」を探していたと思います。

どの職業も一所懸命やってきましたが、自分にはどれもしっくりこなかったというのが正直なところでした。

そうこうしているうちに30歳に突入。
「一体、自分はどんな職業にむいているのだろう」と悩み苦しむ日々。
やってきたことを振り返ると、すべてがムダに思えてきて、強い挫折感にも襲われました。

本当にこのままでいいのだろうかと、自分の過去を振り返ったときによみがえったもの。

それは幼少のとき、疲れた母親の肩を揉んであげて、褒められた記憶です。

自分がしてあげられることで、人に喜んでもらえるってうれしい・・・。

そもそも肩揉みするのが好きだったこともあり、もしかしたら、自分に向いているかもしれない・・・。
そう思った私は一念発起し、中堅規模の整体院へ再就職しました。

そこでは、あらゆる施術や手技を学びました。
さらに施術が良いと聞いた店舗に実際に体感しに行ったり、施術のテクニックDVDを見て、よりお客様の体が改善するための努力をしてきました。

研究し続けてきたことで、一人ひとりにあったオーダーメイドのような施術を始めたのもこの時期です。

整体店舗の副店長をしていた頃、お客様は毎週来店されてはいるがいったいいいつになったら改善していくのか?
自分のしている施術は根本的に解決していないのでは?と、思いながら働いていました。

施術にとって大切なのは、痛みの原因を探ること。
丁寧なヒアリングが重要なカギをにぎります。

ただし、痛みの原因を引き出そうとしても、当然、お客様には原因なんてわかりません。
話すことが苦手な方もいらっしゃいます。

そこでムリに話を聞き出そうとするのではなく、自然な流れでヒアリングさせていただくようになりました。

おかげさまで、とても聞き上手になり、ご指名の数も多くなっていきました。

ますます整体にのめり込んでいったある日、つらい痛みがあるにもかかわらず、整体院へ出向けない方々がいることを知りました。

もし、私がそんな方々の元に行くことができれば、お客様のお役に立つことができるかもしれない。

これらの経緯のもと、「出張整体」というスタイルで独立。

その後、チェーン店で講師をしていた時、外反母趾の技術と出会いました。

外反母趾は肩凝り・頭痛・腰痛・股関節痛・骨盤のズレなどいろいろな箇所に影響していますが、多くの人はその原因が判らないまま痛みのある箇所だけを施術しています。

この施術はそれらの人々の悩みを改善でき健康的な生活がおくれる、と確信した技術でした。

そして、現在にいたっています。

20代でもがき苦しんだ日々から、やっと天職と呼べる職業に就くことができました。

それも、人から感謝されるという、幸せな職業です。

いま私は、整体師という仕事に出会えたことに感謝しています。

ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございます。


通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
中村区21%
千種区16%
守山区14%
東区4%
瑞穂区3%
北区2%
西区3%
港区4%
中区4%
名東区3%
緑区2%
天白区2%
南区1%
熱田区2%
名古屋市以外8%
岐阜県3%
静岡県3%
三重県2%
長野県1%
滋賀県1%
福井県1%
石川県2%